おバカな夫婦は紙一重
*
ホーム > 日記 > 勝率5割だと勝てる?

勝率5割だと勝てる?

外為初心者の方がマーケットのポイントを見つけるにはまず最初に実戦を重ねていく事が不可欠です。

 

未然に危険を察知できるようにするようになるにはミスを積むことも経験のひとつ。

 

ただし、マイナスになるといっても持ち直せないほど大きなミスをする事は許されません。

 

やり直しが効く損を幾度か体験することが結論として自身の経験値を高めてくれるはずだ。

 

この考えではまず最初はわずかな額で売り買いをしてそこで何回か小さな失敗をすることを推奨します。

 

仮に、100万円だけしか投資できない人が、いきなり100万円を全部使ってトレードするとミスした時今後立ち上がれなくなってしまう可能性があります。

 

そうであるならば、ひとつの例として10万円ずつトレードを行ない、ここでエントリーを経験した方が、段々とミスをカバーする手法なども習得するはずです。

 

少額資金で売買する事のメリットは前述したように、自身の取引経験を増やし失敗を回避する方策を習得していく事にありますが合わせて、トレードの回数を多くして、偶然性を減らせるという利点もあります。

 

1度のトレードで勝率が二分の一だとします。

 

言い換えると、同じく5割の確率でマイナスになる危険性もあるということになる。

 

勝率5割ということは。

 

半分の確率で利益が上げられる事を表現しています。

 

だがしかし、全部の投資資金を投じて1度のみのトレードをするということは勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

そのままではただの賭け事と同じです。

 

すなわち、全財産をつぎ込んで1回こっきりのトレードしないと、この分だけ大損する可能性が大きくなります。

 

これを回避するために、資金を1度に全部投入するのではなくいくつかに分けてチャンスを重ねる事がリスク管理となります。

 

いくつかに分けたとしても、すべての取引でプラスにする必要はありません。

 

全て勝つことは出来ないのが本当のところです。

 

取引で必要なのは勝った回数ではなく、いかに利益を出すかです。

 

勝ち負けが同じでも、勝率3割でも利益を出す事は出来ます。

 

5割以上負けても損失が少額ならばわずかな勝ちのプラスだけで十分に利益を上げられます。

 

そのためには、損を小さく、利益を大きくを忘れない事です。

 

損が出たら素早く損切りしてそれとは逆に勝った時には可能な限り大きく利益を出す事がFX取引初めての方が外為取引でプラスになるための手段です。

 


関連記事

現金化大阪|最近3ヶ月の間に消費者金融の利用審査に落ちてしまった事実があれば...。
ブラックリスト掲載者で、審査に通り易い消費者金融業者が必要になったのであれば、知...
現金化大阪|最近3ヶ月の間に消費者金融の利用審査に落ちてしまった事実があれば...。
ブラックリスト掲載者で、審査に通り易い消費者金融業者が必要になったのであれば、知...
眠い時にはどうしたらいいのでしょうか
最近、夜に読んでいる本があって、眠りにつくのは1時過ぎなんですよね。なので、昼間...
勝率5割だと勝てる?
外為初心者の方がマーケットのポイントを見つけるにはまず最初に実戦を重ねていく事が...
テスト
テスト記事です。...